2012年07月16日

こんな物をもっていこう!

○海に持って行くと便利なものをご紹介します。
海まめは、こういうものを持っていきます♪

<持ち物>
□ 帽子
  潜るとき以外は、帽子をかぶっておくと日射病や熱中症の予防につながります

□ バスタオル・スポーツタオルや手ぬぐい(怪我した時にも使える)
  海の中で夢中で遊んでいると、すっかり体が冷えることも。
  大判のバスタオルなどあれば便利です。

□ 防寒着
  「海に行くのに、防寒着!?」と思われるかもしれませんが、
  薄手のパーカーやウィンドブレイカーを一枚もっておくと、体が冷えきった時に役に立ちます。
  海辺は風が強いことが多く、濡れた体でいると体感的にとても寒くなることがありますが、
  上着があればそれをやわらげます。

□ 履物(マリンシューズorビーチサンダルor長靴)
   遊びに行く海の様子によって履き変えられる準備があるととても便利です。
   磯や岩の上では、裸足では足を切るおそれがあり、
   ビーチサンダルではすべりやすく危険です。
   つま先からかかとまで覆えるマリンシューズや、無ければ靴下をはいておくのもよいアイデアです。

□ 飲み物(ミネラルを補給できるもの&あたたかいもの)
   海水浴中は、本人はなかなか気付かないもののかなり体の中の水分を失っていることがあります。
   ミネラル分を含む飲料水や、お茶を、携帯しておくとよいでしょう。
   また、小さな水筒に1つ、あたたかい飲み物を用意。
   少し寒いと思ったら、口に含みからだの中からあたためましょう。
   夏の海水浴場であたたかい飲み物を探すのは一苦労です。   

□ 日焼け止め
   「夏は海だ!日焼けだ!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
   急激な日焼けは、単なる火傷です。
   いい色に黒くなるどころか、真っ赤にほてり熱くてたまらない、水ぶくれになって痛くて眠れない、 
   皮がむけてきて汚い、など悲惨なことになる場合もあります。※日焼けの仕方には個人差があります。
   肌の弱い子どもさんをはじめ、男性女性問わず、適宜に日焼け止めを塗っておかれる事をおすすめしま
   す。
   特にお父さん!背中が真っ赤に日焼けして、帰りの車の運転すらつらい思いをされる方が多いですよ!

□ ビニール袋(濡れたものを入れて帰る、ゴミを入れて帰る、宝物を見つけたとき用)
   ちょっとしたゴミなど、躊躇無く持ち帰る事ができるように、余分なビニール袋を用意しておくとよい
   ですね。
   濡れたもの、砂のついたもの、思い出に持ち帰りたいもの、それぞれ分けて入れられると帰ってからの
   片付けも楽です☆
   ただし、風で飛ばされやすいので注意しておきたいです。

□ 簡単な救急セット
   絆創膏
   500mlペットボトルに水・・・切り傷などにさっとかけられます。
   虫刺され薬・・・くらげ刺されにも効くウナコーワEXがおすすめです!
   ピンセット・・・ウニの棘がささったり、細かな傷に入った異物を取り除く事ができます。
   針・・・ピンセットと同様、一本あると役立つことがあります。
   ハサミ・・・小さな工作バサミなどあると、便利です。

□ 携帯電話
   緊急時の連絡をする時や、災害情報の入手、時間の確認など、いろいろな場面で役に立つ事がありま
   す。お出かけ前には、充電のチェックをお忘れなく!

□ サングラス
  砂浜からお子さんたちの安全を見守って過ごされる保護者の方は、きらめく海面を見続けることで、
  目がとても疲労します。偏光グラスや紫外線カットのサングラスを選ばれるとよいでしょう。

□ レジャーシート
  荷物を置く、寝転ぶ、陽射しよけにする、など浜辺では大活躍です。
  夏の砂地は非常に砂浜が熱くなるので、あらかじめ砂浜に敷いておいて日陰を作って置き、
  砂浜で休憩するときにシートは外してひんやりした砂の上で休むという裏技もあります。

□ 遊具(浮き袋、ゴーグル、水中眼鏡、スノーケルセット 等)
  海水浴場によっては使用禁止のところもあるので確認が必要です!



posted by sai at 01:03| Comment(0) | 海に行く準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

お天気のチェック

○お天気をチェックしよう

せっかくの海水浴、『行ったはいいが天気が悪くて楽しめなかった・・・』
『思っていたより風が強くて寒くて長袖を用意しておけばよかった・・・』
『着いたとたんに雷がなりだして海に入れなかった・・・』

ということがないように、気温はどうかな? 風は強いかな? 雷雨にならないかな?
などの情報を得て、あわてない計画や準備をしましょう。

*夕方のテレビニュース、ラジオ、インターネットのお天気情報など
インターネットでは、知りたい場所の天気予報を、ピンポイントで見ることができます。
住所や郵便番号から、その地域の数時間ごとの天気予報(天気・気温・風向き等)をより詳細に知る事ができますので、ぜひ利用してみてください。
携帯電話からでも利用できます。

→例)『Yahoo!天気・災害』で見る、天橋立の天気予報

yahoo.JPG

※このような情報の表示があります。

→例)『Wether News』で見る、天橋立の天気予報
wether.JPG

※このような情報の表示があります。
posted by sai at 00:51| Comment(0) | 海に行く準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。