2012年08月06日

耳を澄ませば…足の裏の悲鳴!?

海水浴場で(足の裏を)“クール”に過ごす「巧」の技をお教えしちゃいます☆

海水浴場で、熱い! といえば、灼熱の太陽・・・ に、しっかり温められた砂浜です。
夏の猛暑の下では、砂浜はかなり熱くあつ〜〜くなっています。
何度くらいになっていると思いますか?

ライフセーバーによる観測では、「60度!」なんて時もあります。

かっこいいお兄さんでも、綺麗なお姉さんでも、
砂浜に足を下ろしたとたんに熱くて熱くて!!
あちっ、あちっ、と急に躍り出したかのように走っている人も多いですね(笑)
助けて〜と言わんばかりに海にジャポン! ほっ♪ そんな光景をよく見かけます。

いくら丈夫な足の裏でも、さすがに60℃の砂浜では熱くてたまりませんよね。
こういう時には、これ!
忍法!足砂もぐらせの術!!(そんな術があったのかどうかは知りませんが ^_^;)
立っているその場所で、くいくいくいっ!砂に足を潜らせてください。
熱いのは表面だけなので、ちょっと掘れば砂の中はひんやかです。
これで、あちっあちっのダンスをしなくても済みますよ(笑)
ちょっとした「巧」です。お試しあれ!

ちなみに・・・
逆にこの砂の熱さを利用して、
海で遊びすぎて体が冷え切った子どもには、
即席の砂風呂もいいですね♪
もちろん表面は熱くてたまりません!
少し掘った砂の上に寝転んで、
その上から砂をさらさらをかけてあげると、
あったかい砂風呂のできあがり☆
休憩にあわせて、体をしっかりとあたため直すというのも、
また別の「巧」ですよね♪


posted by sai at 23:44| Comment(0) | 海に行ってから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。